7/19更新 プレママさん&ママさん必見♡お得なキャンペーンまとめ

紫外線の影響と日焼け止めの効果をおさらい|シミ・シワ・たるみ予防ができる!?おすすめの日焼け止めは?

最近、「シミを予防する日焼け止め」というキャッチフレーズのCMが最近流れているのを聞いたことがありますか?

ママちゃん

え、そんな新しい効果があるものが出たの!?買わなきゃ‼︎

という声が聞こえそうですがちょっと待って!
そもそもの日焼け止めの効果は知っていますか?詳しく知るとどういう意味かわかるかも・・・!

Sponsored Link
Contents

紫外線の肌への影響をおさらい

肌に影響を与える紫外線は2種類

画像は maison koseサイトより

紫外線のなかでも、紫外線A波(UV-A)紫外線B波(UV-B)という2種類が肌に影響を与えるというのは有名かと思います。

それぞれのポイントは以下の通りです。

大事なポイント

紫外線A波(UV-A)…肌の奥の真皮まで到達し、シミだけではなくシワやたるみの原因となる。

紫外線B波(UV-B)…肌の表面にダメージを与え、ヒリヒリと赤くなる日焼け(サンバーン)の原因となる。

shio

AとBじゃダメージを与える部分が違うんですね!

ママちゃん

日焼けもシワやたるみ増えるのやだなぁ・・・

紫外線のメリットはないの?

悪影響ばかり心配される紫外線。
紫外線を浴びるメリットとしては、皮膚に紫外線B波(UV-B)を当てると、皮下でビタミンDが生成されること。

ビタミンDは骨を丈夫にしたり、免疫機能を調節する機能があるので不足には注意したいところ。
かといって日焼け止めを塗らないとシミや日焼けの原因に…。

しっかり日焼け止めを塗って日光浴をしたり、サプリで補ったりすると良いかと思います。

ビタミンDについては全薬工業さんのサイトの ビタミンDで丈夫な体づくりがわかりやすかったのでぜひご覧になってください♪

日焼け止めの効果について

日焼け止めに書いているSPF・PAの意味は何?

SPFとは

SPFとは「Sun Protection Factor」の略で、紫外線B波を防ぐ目安のこと。

数値が高い方が紫外線B波を防ぐ効果が高くなります。

日本ではSPFは50が上限と決まっていて、SPF50以上のものはすべてSPF50+と表記されます。

PAとは

PAとは「Protection Factor of UVA 」の略で、紫外線A波を防ぐ目安となります。

PAはPA+〜PA++++の4段階で表記されており、が多い方が紫外線A波を防ぐ効果が高くなります

SPFとPAまとめ

SPF…紫外線B波(UV-B)を防ぐ目安(肌の表面にダメージを与え、ヒリヒリと赤くなる日焼け

PA…紫外線A波(UV-A)を防ぐ目安(肌の奥の真皮まで到達し、シミやシワ・たるみの原因になる)

※どちらも数値が高い方が高い効果を示します。

Sponsored Link

SPF,PAは高いほどいいの?

ママちゃん

子供と公園にお散歩が日課だけど、日焼けもシミもたるみもイヤだからSPFとPAが最高値の日焼け止め買わなきゃ・・・‼︎

shio

ちょっとまって!最高値が絶対いいとは限らないみたいだよ!

紫外線の影響を理解したら、より防ぐ効果を高めるためにSPF・PAは高い方がいいと思ってしまいますよね。
実は日常のお散歩やお買い物くらいのちょっとしたおでかけ程度ならそこまで高い必要はないんです。

環境省により生活シーンに合わせたSPF・PAの選び方が次のように提案されています。
こちらのグラフは、環境省の提案に合わせてコーセーさんによって作られたグラフです。

画像は maison koseサイトより
shio

日常生活くらいだと、SPF20 PA++くらいでいいことがわかりますね!

参考サイト:KOSE 日焼け止めの選び方

シミを予防する日焼け止めとは…?

ここでもう一度SPFとPAについてのまとめを見てみましょう。
「シミを予防する」に着目してもう一度読んでみてください。

SPFとPAまとめ

SPF…紫外線B波(UV-B)を防ぐ目安(肌の表面にダメージを与え、ヒリヒリと赤くなる日焼け

PA…紫外線A波(UV-A)を防ぐ目安(肌の奥の真皮まで到達し、シミやシワ・たるみの原因になる)

※どちらも数値が高い方が高い効果を示します。

つまり、紫外線A波(UV-A)はシミやシワ・たるみの原因になるので、
シミやシワ・たるみを予防したければPAの高い日焼け止めを使用すればいいんです

shio

シミを予防する日焼け止めを謳う日焼け止めをみると
やっぱりPA++++の最高値でした!

さらに予防効果を高めるためには

さらにシミやそばかすなどを予防するにはトラネキサム酸などの美白成分とくくられる成分を配合した化粧品を使用して予防していきたいですね。
美白成分といっても今すぐ白くなるよ!というわけではありません。(※そういう表記のあるものはむしろ怪しいです笑)

使ってすぐ効くのは薬です。化粧品を使っても今すぐシミやそばかすがなくなることはありません。
これからできるシミ等をできにくくするため、予防として使う意識が大切かなと思います。

ママちゃん

すぐに効果が出ないからって使わないのはもったいないんだね!

実は毎日のスキンケアに日焼け止めは必須!!

今日は天気が悪いから日焼け止めはいいや〜なんてこと、やってませんか?

日焼け止めは天候に限らず毎日塗るべし!

ママちゃん

曇ってたら日焼け止めはいらないでしょ?日出てないし・・・

たしかに雲は太陽光を遮るので、そう思いがちですが、気象庁のサイトでは、曇りでも雲の状態によっては雲が多くても日差しを受けていれば快晴よりも紫外線が強い場合があると書かれています。

今日は曇っているから、といっても油断は禁物です・・・!

晴れであれば、UVインデックスは、快晴の場合とほとんど同じです。また、ほぼ全天を雲が覆っていても、薄曇りの場合は、快晴時の約8~9割のUVインデックスとなりますが、曇りの場合は、快晴時の約6割となります。さらに、雨が降っている場合には、快晴時の約3割まで減ります。これらの値は、天気を見て、紫外線の強さの度合いを見積もる上でおおよその目安になります。なお、雲の状態によっては、雲が比較的多くても日射しを受けていれば、快晴の場合よりも大きいUVインデックスとなることもあります。

引用:気象庁 雲と紫外線より

こちらは美容賢者として知られている美容皮膚科医の小林智子先生の投稿です。
晴れているから、曇っているからとか自己判断はせず、天候に限らず日焼け止めは毎日塗るようにしましょう。

shio

「歯磨き」と同じレベルとは結構重要ですよね!

日焼け止めの効果的な塗り方

また、先生が先日公開したYouTubeにて、日焼け止めの効果を最大限高める塗り方ポイントをまとめられていたので
是非見てみてください!

※音量にご注意ください

メイクの上から日焼け止め?

日焼け止めを塗っても汗で流れたりよれたりしていたら効果が発揮できません。
腕や足などの場合は上から塗り直すことができますが、メイクの上からはなかなかむずかしいですよね。

その場合はスプレーを使用したり、SPF表記のあるフェイスパウダーで上から押さえるといいと思います。本当は塗り直しをしたいところですが塗らないよりはマシです。

これについては化粧品開発者のみついだいすけさんのツイートが面白いのでおすすめです。

Sponsored Link

おすすめの日焼け止めは?

産後、肌が乾燥したりホルモンの関係で肌が敏感になる方も多いかと思います。
紫外線吸収剤フリーで肌に優しい日焼け止めを選んでみました!

敏感肌のママにおすすめの日焼け止め

ママにおすすめなのはSPF30/PA+++のキュレルUVエッセンスです。
こちらは以前Twitterでみりんうさぎさんという方のツイートでバズったアイテム。

化粧下地の下に塗ると下地の節約にもなります…!

キュレルUVエッセンスレビュー>>

サンドラッグe-shop
¥1,298 (2021/09/16 12:57時点 | 楽天市場調べ)

お子さんにおすすめの日焼け止め

お子さんにおすすめなのはSPF30/PA++ ドクターシーラボベビー UVクリームです。
低刺激ですしせっけんでおちるので、毎日こちらを使用しています。

ドクターシーラボの公式サイトでまとめ買いor定期便で購入するのが安いので、我が家はこちらをストックしています♪

ドクターシーラボベビーUVクリームレビュー>>

長時間外にでるときにおすすめの日焼け止め

長時間屋外にいるときにおすすめはMAX値のSPF50+PA++++のNOV UVシールドEXです。
上記2つに比べると少し高めになっていますので、毎日ではなく運動会やプールなど屋外のレジャーなどにおすすめ。

また、娘は皮膚科でレーザー治療をしているのですが、皮膚科の先生から、レーザーをした後にこの日焼け止めを塗るよう推奨されました。娘はレーザー部分だけこちらを使用していますが特に痒みなどもなさそうです。

NOV UVシールドEXレビュー>>

オリオンドラッグ薬局
¥2,750 (2021/09/16 12:57時点 | 楽天市場調べ)
Sponsored Link

シーンに合わせた日焼け止め選びを

日焼け止めについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。
なんとなくで最高値のSPF50+PA++++を選んではいませんでしたか?

シーンに合わせて必要な日焼け止めを選んで、肌にかける負担を軽減してあげましょう!
スキンケアはすぐに効果がでるものではありません。
今日焼け止めを塗ったのと塗らないとでは5年後、10年後の肌は違ってくるでしょう。今できる予防をしていきましょう!

最後に今回の内容を簡単にまとめます。

まとめ
  • SPF…紫外線B波(UV-B)を防ぐ目安
    • 肌の表面にダメージを与え、ヒリヒリと赤くなる日焼け
  • PA…紫外線A波(UV-A)を防ぐ目安
    • 肌の奥の真皮まで到達し、シミやシワ・たるみの原因になる
  • SPFは数値が高いもの、PAは+が多い方が高い効果を示す
  • 普段の生活で最高値は必要なく、SPF20 PA++くらいでOK
  • 適切な量をしっかり塗って日焼け・シミ・シワ・たるみを予防しよう!
ランキングに参加しています!ぽちっとしてくれたら嬉しいです♡
ブログランキング・にほんブログ村へ
Sponsored Links
よかったらシェアお願いします!
Contents
閉じる